< 目次へ
 
自由が丘の家(Ms邸)

 

 

photo0

親世帯が長年住まわれていた閑静な住宅地に親世帯と子世帯の住宅を新築する計画でした。親子世帯それぞれのプライバシーを確保しつつも気配を感じながら各世帯が快適に暮らせるように、配置や平面に配慮した。植栽を施した中庭を2世帯の中央部分に配置し、両家が行き来出来るようにしている。内部プランに関しても、中庭を囲んで各部屋を配置し、2階の床に一部強化ガラスを用いたり、引戸を多用することにより、家族の気配を感じられ、採光と通風も確保された気持ちのよい空間になっている。