< 目次へ
 
新宿戸山の家(Mi邸)

 

 

photo0 photo8 photo0

都心に残された数少ない閑静な低層住宅地で、クライアントは、3世代にわたり長年住まわれた既存家屋の改築と庭も含めた敷地全体の利用計画を相談されました。3方向を公園や緑道に囲まれた恵まれた敷地環境は、その分いろいろな方向から眺められ、周辺の植物になじみながらの街並み景観、外観デザインと、プライバシーに配慮した中庭の構成がテーマになりました。新旧建物で囲まれたウッドデッキのコートと、南東につながる庭が適度な開放感とプライバシーを保ち、環境全体が内外に調和するよう配慮しました。各方面からの見え方は多様な表情を持たせ、特に、大きな壁面となる西公園側は、プライバシー保護、西陽除けの機能を果たしながら、屋根と天然木の格子によるシンプルなデザインで駅から来訪する家族やゲストを迎える顔となっています。