< 目次へ



●武蔵関の家(S邸)

ゆったりとした敷地条件を生かし、平屋風の伸びやかな曲面大屋根の外観と、明るく広がりのあるモダンなインテリアをコンセプトにしました。約33畳の広いLDKは、屋根形状をそのまま生かした高天井と芝生の広い洋庭との一体化でダイナミックで伸びやかな空間です。和室は独立し、和庭と一体で別の世界をつくっています。住宅本体とふたつの庭、アプローチ通路、円形の駐車場は、適度な囲みと広がりのある配置で、落ち着いた雰囲気を演出します。

< 目次へ